Mountech 製品情報

全自動比表面積測定装置 Macsorb SERIES HM model-1200series

Macsorb® の概要

操作性・取り扱い方法・測定後のデータ管理など、従来の比表面積計はオペレータに多くの負担を要するものでした。 また、オペレータによる測定誤差も避けることのできない問題として安定したデータ測定の障害となっていました。 全自動BET比表面積計"Macsorb"はPCによるダイレクト制御と、 全ての行程の自動化によりそれらの問題を解決。 脱気~吸着~脱離~キャリブレーションの各工程を連続的に自動で行いますので、サンプルをセットすれば 後はPCまかせの 無人測定が可能です。

Macsorb® の特徴

測定精度向上を徹底的に追求した設計

●脱気~吸着~脱離~キャリブレーションまで全て自動化しておりますので、人為的な誤差要因を徹底排除しまし
  た。
●自動キャリブレーション機能を搭載し、外気環境変動によるデータへの影響を最小限に抑えます。
●系内が恒温層内にホールドされており、系内の温度変化による影響度が抑えられています。
●吸着時におけるセルの液体窒素冷却も、新機構液面レベルセンサーにより一定位置にコントロールされるため、
  従来の同等機種に比べより高い再現性を実現しております。
●自動SETZERO校正機能を装備しています。
●脱気用高熱ヒータは本体に内蔵されており熱源に直接触れることがないため、安全性も万全です。

PCによる完全制御・使いやすく高機能なソフトウェア

●PCのモニター画面に吸着・脱離・キャリブレーション時のTCD反応Rawデータカーブをリアルタイムに表示するため、
  測定データの信頼性、 前処理条件の適合性および装置の状態がグラフから読み取れます。
●比表面積、実表面積、脱気条件、セル重量、サンプル重量、平衡相対圧、吸着量、脱離量、キャリブレーション値
  はもとより、 吸着カーブ、脱離カーブ、キャリブレーションカーブ等の測定詳細履歴が保存されますので、従来にな
  いデータの比較が可能です。
●相関管理・補正ソフトや基準粉補正ソフトなど、高機能なオプションソフト群。

使用環境に合わせた柔軟なシステム構成が選択可能

●各種オプションユニットの選択・追加により、多点法測定や、プリヒートユニットによる多検体測定の効率化、 オート
  サンプラーによる最大30点までの全自動無人運転が可能です。
●本体とオートサンプラーや各オプション部は独立ユニット設計ですので、不慮の事故等の対応が容易です。 測定作
  業をとめることなくメンテナンスが行えます。
●コンパクトな卓上型。リーズナブルな価格設定。

PAGE TOP